地元密着の姿勢をこれからも。
お客様にとって有意義な存在であり続けます。

横浜の地に根をおろして50年以上、一貫して来た行動指針は地元密着企業だからできる迅速な対応。
短納期、少ロットで勝ち得た「信頼」を、これからも私たちは大切に守って行きます。

ご挨拶

環境問題が世界の常識になった現在、
資源の再利用がクローズアップされるようになりました。
私たちが世に送り出している段ボールも、その代表的なリサイクル製品です。
要求に応じて形や役割を変え、繰り返し使われ続け、幅広く社会の役に立っています。
今、限りある資材と共存していくためにできることは何でしょう。
そう、地球がもたらした大切な資源である「木材」をパッケージという形に変えることです。
わたしたちは段ボールを始め、パッケージというツールを使って、「包む」を追求し続けていきます。
これからも「トータルパッケージ提案企業」 ー 共立紙器製作所にご期待下さい。

代表取締役 池田利志典